So-net無料ブログ作成
検索選択

モントロの痕跡 [セルバクエスト]

コインブラバレアレス広場
8840.jpg
クエスト「モントロ子爵の本国送還1」 

ヌネズ 「アデリーナ、何か用か?もしかして、私のイノリー風豆腐料理の味が恋しくなったか?」

アデ 「あんたの寝言を聞きに来たわけじゃない」

ヌネズ 「ハッハッハ、冗談だ冗談、そんな目で見るな」

8839.jpg

ヌネズ 「オーシュの開拓副官から?それならば、力になろう」

アデ 「手短に頼む、酔狂なオヤジに興味はないんでね」

ヌネズ 「相変わらずの憎まれ口だなぁ・・・で、その仕事の話だが、実は、私も詳細についてあまり知らされていないのだ」

アデ 「そんなことだろうと思った・・・」

ヌネズ 「ジャケンの警備隊から聞いたのだが、収容所の一番奥にDr.フランモールステインなる人物がいるそうだ・・・そいつはモントロ子爵と共に怪しげな研究をしていたらしいのだが、何が起こったのか、モントロと敵対し、心も体も化け物のようにされてしまったそうだ」

アデ 「で?」

ヌネズ 「おそらく、その人物に会えば、モントロの手掛かりがつかめるかもしれん」

アデ 「やれやれ・・・化け物から話を聞けってか?」

ヌネズ 「やっぱり、ダメか?」

カフェセイウチ
8853.jpg

お嬢 「それって、審判の回廊のことですね」 
審判の回廊へ~第二鉄砲隊覚醒!~

グレイス 「ま、穏やかな話し合いにはならないかな」

ロミナ 「そのミッション、私たちにやらせてもらえませんか」

8854.jpg

アデ 「おや?珍しいね、公務はいいのか?」

ロミナ 「開拓総指揮官殿の意向でもあるのです」

リサ 「グランディスさんが?」

ロミナ 「はい」

アデ 「総指揮官殿の仰せじゃ、断わるわけにはいかないな」

ロミナ 「ありがとうございます」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜は、前回に引き続き、モントロ追跡の二回目です。モントロの行方を追って、ジャケン雪原へと物語は展開していきます・・・。



8760.jpg
ミッション「ジャケン審判の回廊」

グランディス 「さてと、行こうか」

ロミナ、テイア 「はい!」

グランディス 「モントロの本国送還が決まった以上、高見の見物というわけにはいかないからねぇ」

ロミナ 「その通りです」

テイア 「クリサリス、いません」

グランディス 「なぁに、すぐに痺れを切らせて出てくるわさ」

8761.jpg

Lv83エーグルシュバリエルディフェンダーを相手にしていたときでした!

8762.jpg

クリサリス 「グォォォォォッ」

グランディス 「おっと!お出ましだよ!」

ロミナ 「テイア!あたしたちは距離をとって!」

テイア 「はいッ!」

8763.jpg

テイア 「これまで戦ったどの敵よりも強いです!」

ロミナ 「大丈夫、落ち着いて狙って!」

テイア 「はいッ!」

8764.jpg

クリサリス 「がぁぁぁぁ・・・」

グランディス 「やったようだね」

ロミナ 「次はDr.フランモールステイン!!」

8765.jpg

テイア 「あそこです!」

グランディス 「くッ!なかなか固いね、この親衛隊は!」

Dr.の取り巻きであるエーグルシュバリエルウォーリアエーグルシュバリエルアタッカー(ともにLv100)が、二体同時に襲撃してきたため、さすがのチームグランディスもなかなか手こずります。

8766.jpg

グランディス 「ロミナ、テイア!あんたたちはDr.を集中攻撃だよ!」

ロミナ、テイア 「了解しましたッ!」

8767.jpg

Dr. 「くぁぁぁッ!!」

テイア 「あッ!司令官殿!!」

グランディス 「ち・・・あたしも焼きが回ったねぇ」

親衛隊の撃破を諦め、グランディスさんもDr.に目標を変更します。

8768.jpg

グランディス 「あんた!モントロの居場所を知らないか!」

Dr. 「ぐぁ???」

8769.jpg

グランディス 「モントロの居場所だよ!」

Dr. 「ぐぁッ!」

8770.jpg

グランディス 「言葉は通じないようだ!!」

Dr. 「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・」

姉御たちが予想したとおり、Dr.フランモールステインからモントロの行方を聞き出すことはできませんでした・・・。(実は、この場面はクエスト実装の前日、SS用にソロで挑戦した時のものなんです。本番は、多くの家門とSQを組ませていただいて、SSに残す間もなく、あっという間にDr.を倒してしまいました。ご一緒させていただいたSQの皆さん、お世話になりました!特に、フレ登録を申し出てくださったM○○○○○さん、諸般の事情により登録は辞退させていただきましたが、待ち時間に色々とお話できて、とっても楽しかったです。ありがとうございました!)

コインブラバレアレス広場
8838.jpg
クエスト「モントロの痕跡1」

ヌネズ 「なるほど、特別な情報は得られなかったか・・・だが、諦めるにはまだ早い、耳寄りな情報があるのだ」

アデ 「またか・・・」

ヌネズ 「純白の大地に、雪原地域の開拓を任されている男がいる・・・ま、開拓そのものより生き残ることに苦労を強いられる地域だから、私なら昇級させてやると言われても行きたくないものだがな」

アデ 「あんたのことなんか、どぉでもいい」

ヌネズ 「オホン・・・つまりだ、純白の大地に行って、レスキューナイツ第三中隊長のルデザービシハを訪ねろということだ」

アデ 「あの男に?」

ヌネズ 「何だ?知っておるのか?」

アデ 「あの男には、かなり協力してきた」

ヌネズ 「さすがVirgin!行動範囲が雪原にまで及んでいたとは!?諸君の働きぶりは本当にすばらしい!私としても鼻が高い!」

アデ 「鼻が高いのは構わないが、少しは腹を引っ込めな」

ヌネズ 「むぅ・・・」



グレイス 「今度はルデザービシハに会いに?」

アデ 「万が一の戦闘に備えて、ブルーニを連れていけばいい・・・実力はグルパクス退治で折り紙付きだろ」
グルパクス

純白の大地 レスキューナイツ第三中隊補給キャンプ
8841.jpg
クエスト「モントロの痕跡2」

ルデザービシハ 「モントロと思わしき人物がリリーンハートの近辺に現れたそうだ」

グレイス 「あのリリーンハート?」
リリーンハート?

ルデザービシハ 「そうだ、リリーンハートに異常が感じられると、それを感知するかのごとく現れたそうだ、だから、闇雲に行方を追うより、リリーンハートを反応させておびき寄せる方が有効だと思うが」

お嬢 「確かに、それも一理ありますね」

ルデザービシハ 「これを渡すから、慎重にリリーンハートに反応させてみるがいい」

8785.jpg

グレイス 「これって、あの時の?」
雪原の乱闘劇

ルデザービシハ 「あの時はブリザードレブナントが現れたが、最近のリリーンハートは、あの時とは比べものにならないほど強力な力を蓄えているようなので、安全は保証できない」

お嬢 「おそらく、強敵が召喚されるかと・・・」

ブルーニ 「そぉなの?」

グレイス 「まぁ、行ってみればわかるわよ」

凍てつく平原 リリーンハートの洞窟
8771.jpg

ブルーニ 「もぉ誰かが召喚したみたいよ!」

グレイス 「あれは?」

8784.jpg

お嬢 「ジャイアントアバランチェレプナントLv110です」

8772.jpg

グレイス 「ルバースピースを落とすユニークじゃないの?」

お嬢 「それよりも、かなり強そうです」

8773.jpg

ブルーニ 「前へ出るわ!」

グレイス 「気をつけて!」

8774.jpg

ブルーニ 「な、なぁに、この体に張り付いている亡者たち!?」

8775.jpg

グレイス 「まさか・・・このアバランチェレプナントって、雪原で犠牲になった者たちの恨みが生み出した怨霊なの!?」

お嬢 「かもしれないわ、エルタトがそうであったように・・・」
北西方面の調査

8776.jpg

グレイス 「終わったけど・・・モントロは現れなかったわね」

ブルーニ 「これ、何かしら?」

8777.jpg

グレイス 「モントロのメモ!?これ、モントロの手掛かりよね!」

お嬢 「ルデザービシハに確認しましょう」

(このジャイアントアバランチェ戦も、SQに入れていただいたおかげで難なく切り抜けることができました。Dr.戦から引き続いてご一緒させていただいた家門も多く、とても楽しかったです!)

グレイス 「Yokoさん!?」

8855.jpg

Yoko 「お久しぶりね、あなたたちもアバランチェ狩り?」

お嬢 「モントロの行方を追ってます」

Yuko 「モントロの!?」

Reko 「この辺りに現れたの?」

お嬢 「という話を聞いたのですが・・・」

グレイス 「Yokoさんたちは?」

Yoko 「偶然に通りかかったら、アバランチェが見えたので突撃したってわけ」

Yuko 「でも狙っていたやつじゃなくて、ビックリよ」

グレイス 「それじゃ、先を急ぐからこれで」

Yoko 「はぁい、またね!」

純白の大地 レスキューナイツ第三中隊補給キャンプ
8842.jpg
クエスト「モントロの痕跡3」

ルデザービシハ 「ぉぉ、これは!君たち、とうとうやつを見つけたんだな!?」

グレイス 「あ、でも、本人は見つからなかったの」

ルデザービシハ 「いや、このメモは十分な成果だ!たいして期待はしていなかったが、いやはやたいしたものだ!」

お嬢 「で、このメモに書かれている意味は?」

ルデザービシハ 「これを解析できる人間は・・・すぐにこれを持ってインビエルノのもとに向かうがよい!きっと、あの男ならわかるはずだ!」

凍てつく平原 インビエルノのキャンプ
8834.jpg

インビエルノ 「団長がこれを解析しろと言ったのか?」

お嬢 「えぇ、あなたならきっとできるはずだと・・・」

セルバ 「そのメモは、私によこせ!」

8843.jpg

インビエルノ 「ん???貴様は!!」

グレイス 「セルバなの!?」

8778.jpg
ミッション「衝突」

グレイス 「どぉする?」

お嬢 「ステータスを見てください」 

8780.jpg

ブルーニ 「これは、手加減が必要かな?」 

8779.jpg

セルバ 「何をコソコソと!?そのメモをこっちへ渡しな!!」

8781.jpg

ブルーニ 「いい加減になさい!」

セルバ 「くッ!」

8782.jpg

ブルーニ 「やり過ぎちゃった?」

グレイス 「いいえ、逃げたみたいよ」

お嬢 「セルバさん・・・」

8835.jpg

インビエルノ 「唯一の手掛かりを守れてよかった」

グレイス 「で、どぉ?何が書いてあるの?」

8783.jpg

インビエルノ 「ふむ・・・このメモ、私も初めて見るものだが、この数字は何かを暗示しているようだ」

お嬢 「もしかして・・・」

インビエルノ 「そうだ!どこかで見たことがあると思ったが、これは書物の一部だ!」

お嬢 「やっぱり」

インビエルノ 「私にわかるのはこの程度のことだ・・・この広い新大陸のどこを意味しているのだろうか・・・ふむ・・・あとはお前たち自身で突き止めるしかないだろう、大して役に立てず申し訳ない」

お嬢 「いいえ、ありがとうございました」

モントロの痕跡の手掛かりとなるメモと、それを奪おうとするセルバさん・・・色々とありましたが、今回はここまでにします。
そして・・・次回は、いよいよセルバさんが我が家にやってきます!


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。