So-net無料ブログ作成
検索選択

ビセンテリオ [NPCクエスト]

ビセンテリオ 「ロルクさん」 

6923.jpg

ロルク 「やぁ、ビセンテリオ君、何か御用ですか?」

ビセンテリオ 「良い武器をお持ちですね、それも+5に強化済みの・・・」

ロルク 「あぁこれですか?」

7160.jpg

ロルク 「一緒に住んでいるソホという方に強化してもらいました」

ビセンテリオ 「ソホさんなら知ってます、コインブラで同業を営む漁師さんですよね」

ロルク 「ええ」

6930.jpg

ビセンテリオ 「失礼ですが、強化される目的はお持ちでしょうか?あくなき強さへの探求?人と違う武器や防具を持ちたいという欲求?」

ロルク 「誰にでもそれなりの理由はあるでしょうね」

ビセンテリオ 「ちょっと気になったものですから・・・ところで、Virgin家はベスパニョーラのために活動されているのですか?それとも新大陸開拓のためでしょうか?」

ミ 「どうしたの?」

6931.jpg

ビセンテリオ 「あ、カルさん、このあいだはどうも」

ミ 「ロルクと何かあったの?」

ロルク 「あ、いや、そんなことないよ」

ビセンテリオ 「みなさんは何のために強さを追求されているのかお伺いしていたところです」

ミ 「強さの追求?それは、もちろんこの新大陸の開拓のためよねぇ?」

ロルク 「多分、そうかな」

ビセンテリオ 「羨ましいな・・・誰のためでもない、新大陸のための開拓ですか・・・」

ミ 「あなたも、そろそろ決断してもいいんじゃなくて?」

6932.jpg
クエスト「吟遊詩人ビセンテリオ1」

ロルク 「決断?」

ミ 「ビセンテリオ君、自分も開拓者として生きていきたいって・・・」
フィジカルネックレス

ロルク 「ほぉ、それはステキだ」

ビセンテリオ 「私も、新大陸のために、みなさんと共に・・・あぁ、この情熱を抑えることが出来ない!」

ロルク 「それなら、一緒に来るかい?」

ビセンテリオ 「いいのですか!」

ミ 「大歓迎よ」

ビセンテリオ 「しかし・・・私ごときが開拓者として通用するものでしょうか?」

ロルク 「試してみる?」

ビセンテリオ 「それなら、お願いがあります・・・ポゼッションライトニングの教本を1冊頂けないでしょうか?」

ロルク 「構わないけど・・・何故?」

ビセンテリオ 「自分の力を磨くため・・・」

ミ 「それなら、あたしのが1冊余っているから持ってくるわ」

カルさんビセンテリオ君にポゼッションライトニング教本を手渡しました。

6933.jpg
クエスト「吟遊詩人ビセンテリオ2」

ビセンテリオ 「ありがとう!これで、私の実力を試してもらえます」

ロルク 「それじゃ、いいかい?」

ビセンテリオ 「いつでも」 

6924.jpg
ミッション「ビセンテリオと対決」

ロルク 「変わった武器だね?」

ビセンテリオ 「リュートといいます」

ロルク 「それじゃ、始めよう」 

6926.jpg

ビセンテリオ 「くッ!?」

ロルク 「さすがにメニスショットは効かないか・・・」 

6925.jpg

ロルク 「悪いけど、これでおしまいだ!」

6927.jpg

7158.jpg

ビセンテリオ 「さすがはロルクさん、本当に素晴らしいです!」

ロルク 「君だって、なかなか・・・potがなければやられていたのは僕の方だったよ」

ミ 「ねぇ、うちに来るなら、あなたのこと、もう少し聞かせてよ」

ビセンテリオ 「それもそうですね・・・私は以前、ブリスティアで吟遊詩人リオとして名を馳せていました・・・でも、今となってはベスパニョーラへの敵対心もブリスティアへの忠誠心も何の意味もないこと・・・グラナドエスパダ人としてより多くのことを見て感じて、人々を感動させる歌や詩を創作したいのです」

ロルク 「リオ?」

ミ 「どうかしたの?」

ロルク 「確か、このオーシュの市長の姓がリオだったけど・・・何か関係があるのかな?」

7159.jpg

ビセンテリオ 「・・・とても良い勘をしていらっしゃる・・・私の名はリオ、このオーシュにはとても縁が深い・・・しかし、私たちはゆっくりとお互いのことを分かり合う・・・それではダメでしょうか?」

ロルク 「あ、いや、詮索するつもりはないよ」

ミ 「すぐにお互いの全てを知る必要もないし・・・」 

ビセンテリオ 「ありがとう、このようなことをさらに望むのは本当に申し訳ないことと存じますが、最後にどうしても実験をしてみたい武器があるのですが、失敗はできないのです」

ミ 「バレロンパウダーならここにあるわよ」

ビセンテリオ 「頂いてもよろしいんですか?」

ミ 「もちろんよ、あなたがVirgin家に居候するための支度金代わりよ」

おはようございます、Virgin家の四女エミリアです。ご覧の通り、オーシュ強化商人吟遊詩人リオと呼ばれるビセンテリオ君が我が家にやって来ました!


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。