So-net無料ブログ作成
検索選択

待ち受ける者 [セデクレムクエスト]

7166.jpg

リサ 「まぁ!そこにセルバさんがいたのね?」

アイリ 「えぇ、危ないところを助けてもらったの」

リサ 「・・・その話、ガルシアには聞かせない方がいいわ」

アイリ 「あたしもそう思う・・・あの人のことだから、きっと一人でも乗り込むから・・・」

リサ 「でも、困ったわねぇ、男爵にVirgin家も来るように言われたのよね?」

アイリ 「そうなの、でも、あそこの難敵を相手にするとなると、かなりキツイと思う」

リサ 「あなたの盾があっても無理?」

アイリ 「レッドエレメントっていうエネルギー体がやっかいなの・・・」

アデ 「その話、あたしたちが引き受けるよ」

7167.jpg

リサ 「あら、お帰りなさい、今日は早いのね」

グレイス 「おねえ!やったよ!!」

リサ 「え!?もしかして・・・二人とも?」

グレイス 「正確に言うと、カンストってやつ?」

7147.jpg

アイリ 「おめでとぉ!凄いじゃないの!」

7168.jpg

リサ 「ホント、ご苦労さま!」

アイリ 「ね、ね、Veteran100%になった瞬間って、どうにかなるの?例えば、閃光が身体を包んだり、周囲に星が飛び散るとか!」

グレイス 「アハハ・・・何にもなかったわ、残念ながら」

アイリ 「なぁんだ、そうなの」

アデ 「で、さっきの話、詳しく聞かせてくれるかい?」

アイリ 「えぇ、もちろん」

7169.jpg

アデ 「なるほど・・・明後日、その腐敗した大地にあるダンジョンに向かえってことか」

グレイス 「お嬢に来てもらえば何とかなるんじゃない?」

アイリ 「盾役はいらない?」

アデ 「それだと殲滅力が足らなくなる・・・なぁに、殺られるより先に殺ればいいさ」

リサ 「あらあら、頼もしいわね、話も決まったようだし、今夜は二人のお祝いをしましょうね」

グレイス 「賛成ッ!」

アデ 「その前に、マスタールームでエキスパート覚醒、してくる」

リサ 「そうね、その間に、お祝いの支度をしておくわ」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです!とうとう、姉御とグレイス姉がエキスパートですッ!!パチパチパチ!あ~ぁ、凄いなぁ・・・あたしも頑張らなくっちゃ!えっと、その姉御たちがセデクレムダンジョンに乗り込むことになりました。そこで三人を待ち受けていたのは・・・


腐敗した大地
7170.jpg 

アデ 「これが、セデクレム・・・」 

お嬢 「行きますか?」

グレイス 「アルスモレンディ!」

7100.jpg

アデ 「こいつは?」

お嬢 「バッカナリアLv120、動きが鈍い分、攻撃力は大きい方です」

グレイス 「大丈夫、いける!」

7101.jpg

アデ 「キノコの化け物か!」

お嬢 「ストーンマイコニドLv121、ねぇグレイス、そのスタンスって・・・

グレイス 「新スタンス、ギガンテックブラスター、これ結構使えるのよ」

お嬢 「散弾銃にも将来性があるんだ・・・」

グレイス 「そうよ、だからロルクもねッ」

お嬢 「べ、べつにそういう意味じゃないけど・・・」

7102.jpg

アデ 「これが噂のレッドエレメントLv122だな!」

グレイス 「凄いよ姉御!あっという間に削っちゃった!」

アデ 「先手必勝、とりあえず、こいつらとの戦い方は飲み込んだよ」

7105.jpg

グレイス 「ここだわ」

アデ 「入ろう」

7104.jpg

お嬢 「男爵の部隊はどこかしら?」

グレイス 「ねぇ、あっちで声が聞こえるわ」

7043.jpg
ミッション「待ち受ける者」

        7045.jpg
7064.jpg

グレイス 「シャロン!?」

アデ 「あれが、シャロンなのか」

お嬢 「えぇ、コルテス伯爵直属の魔法使いらしいわ」

        7046.jpg
        7047.jpg
        7048.jpg
        7049.jpg

シャロン 「下僕ども!殺っておしまい!」

7050.jpg

イゴルニー 「何のこれしき!!怯むなッ!」 

        7052.jpg
7059.jpg

グレイス 「ちょっと!あれエデュアルドじゃない!?」

お嬢 「戻ってたんですね」

アデ 「あいつはあいつなりに色々と動いてたってわけだ」

グレイス 「水臭いわね・・・」

        7053.jpg
        7054.jpg
        7055.jpg
        7056.jpg
        7057.jpg
        7058.jpg
7060.jpg

エデュアルド 「そいつはどうかな?」

シャロン 「あら、下品な物言い」

7061.jpg

エデュアルド 「喰らえッ!!」

7063.jpg

シャロン 「あなたたちの相手をしてる暇はなさそうね」

        7062.jpg
7065.jpg

エデュアルド 「どなたかは知りませんが、この先へ行くにはワープゲートをくぐらねばなりません」

イゴルニー 「ワープゲートとな?」

エデュアルド 「ええ、そしてそれを作動させるにはアメジストピースが10個必要です」

イゴルニー 「アメジストピース?」

エデュアルド 「このセデクレムの地を徘徊するモンスターが稀に落とすはず・・・私は故あって、あの女の主の元へ行かねばなりません、それではこれで・・・」

イゴルニー 「待ちたまえ、君ッ!」

グレイス 「エデュアルド!!」

7103.jpg

イゴルニー 「Virigin家、遅かったな・・・あの男と知り合いだったのか?」

アデ 「まぁ、ちょっとばかりな」

イゴルニー 「・・・聞いてのとおり、すぐにはこの先へ進めないようだ・・・出直すしかなかろう」

グレイス 「そうね、先に進めないのなら仕方ないわね」

イゴルニー 「それでは他日を期すことにしよう」

エデュアルドさんまで、このセデクレムに来ていたなんて!?セルバさんとは無事再会を果たすことが出来るのかしら?彼らが姿を消したダンジョン奥へと続くゲートは、後を追う姉御たちの前に、その扉を固く閉ざしているのです・・・。


コメント(4) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 4

ふぇる

こんにちわ~。

セデクレムクエスト着々と進められていますね。
すごいです。私はガルシアすら・・・(ぁ

そして、姉御とグレ姉!
エキスパート覚醒おめでとうございます!!!
次は、お嬢とエミリアあたりかな?と予想してます。

エキスパートがいるとまた少し世界が広がりますよね。
ますますVirgin家の活躍を楽しみにしています!

ではでは、お邪魔しました。
by ふぇる (2008-04-24 11:16) 

北斗アリス

こんにちは!北斗アリスです~

エキスパ覚醒おめでとうございますー!!!
やっぱりエキスパになると一段と強くなるんですね・・私も目指そうかなぁ・・
けど他のキャラの育成で手一杯だし、まだ見送るつもりです~

しかしシャロン、バハマルクエストではずいぶんと荒っぽい口調だったのに、セデクレムでは丁寧な言い方になってる・・。女の顔は一つじゃないってことですかね(笑)
しかもエデュアルドまで出てきて!!Σ( ̄ロ ̄)
これからの展開とても楽しみです~
by 北斗アリス (2008-04-24 11:42) 

emilia

ふぇるさん、こんばんは!

次はアイリさんです、って本人がいってます、アハハ!
その前に新NPCの編入や、100Lv未満の居候さんたちがいるので、そちらが先になりそうです。

また遊びに来てくださいね!
by emilia (2008-04-24 19:33) 

emilia

北斗アリスさん、こんばんは!

おかげさまで姉御たちがエキスパートになり、確かに活動範囲が広がった気がします。(というより、ギガンテックブラスターやローガードのおかげかも知れませんが・・・)

シャロンについては、アップデート紹介ムービーで、コルテスとの間に女性らしい感情があるのでは?ともとれる場面があり、憎みきれない人のように思えます。その分、モントロの悪逆振りが際立ってきました。(詳細は完結編で・・・)
エデュアルドについては、クエストに顔を出すため、なかなかVirgin家に戻すことができません。今回もクエスト完了した後、また何処かへ姿を消してしまうのですが・・・。いつの日か、セルバさんと一緒に帰ってくるのを心待ちにしています。

また遊びに来てくださいね!
by emilia (2008-04-24 19:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。