So-net無料ブログ作成
検索選択

記憶を探し求める男 死者の大地Ⅱ [死者の大地クエスト]


クエスト「最凶のブルロン」

リサ 「さぁ、行きましょ」

お嬢 「古い碑石を捜して、マラソンですね!」

グレイス 「アルスモレンディ!」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜はシリーズ第二回、いよいよ本格的なクエストが開始され、ゾンビの徘徊する地を、東へ西へ走り回るおねえたちの活躍を描きます!なお、このSSは公式に投稿したものです。もしよろしければ、原寸大のSSもご覧下さい。

リサ 「これだわ・・・」

グレイス 「早く、入りましょうよ!」

リサ 「あらあら、まだ駄目なの?」

グレイス 「お化けにだけは、慣れたくない・・・」

エデュアルド 「お前たちは何者だ?」

グレイス 「あたしたちは・・・」

エデュアルド 「まぁ、誰であっても、死んでもらわねばならないが・・・」

お嬢 「あ!?」

エデュアルド 「ちッ、こんな時に、ミュエルトスの奴らめ!」


ミッション「ミュエルトスの襲撃」

リサ 「度胸は据わった?」

グレイス 「あたしたちを殺そうとしてる奴の目の前で、情けない姿は晒せないわ」

リサ 「さすがグレイス、逆境には強いわね」

グレイス 「まぁね」

名も無き者が部下と呼ぶ隠れ家を襲撃したミュエルトスの集団を、彼と共に排除します。

エデュアルド 「・・・強いな」

グレイス 「あら、光栄ね」

おねえたちはミュエルトスの集団を、アッという間に排除してしまいました。 

グレイス 「あ、これ、あの男から預かったんだ」

エデュアルド 「ん?」


クエスト「エデュアルドの手紙」

エデュアルド 「これは、あの方からの新しい連絡書・・・なるほど、君たちはこれを届けに来てくれたのか・・・無礼なことをして済まなかった」

グレイス 「あら、結構謙虚なのね・・・あなた、名前は?」

エデュアルド 「あの方は、エデュアルド、と呼んでいる・・・」

グレイス 「あの男が呼んでるって、どういうこと?」

エデュアルド 「どうやら、記憶を失っているらしい・・・」

グレイス 「まぁ!?」

エデュアルド 「ふ・・・これをあの方に届けて欲しい」

グレイス 「わかった、預かるわ」

名も無き者 「なるほど、これは興味深い報告だ・・・」

グレイス 「?」

名も無き者 「ん?貴様に話しても意味のないことだが?」

グレイス 「わかってるわよ」

名も無き者 「それより、お前たちには次の任務を与える」

グレイス 「・・・」

名も無き者 「葦の森の南東地点に、ミュエルストチーフという途方もない大きなミュエルストが出没するという・・・そいつの持つポケットから尋常ではないオーラが出ているらしいのだ」

お嬢 「・・・(オーラ?)」

グレイス 「そのチーフっていうのを処理して、ポケットを持ち帰ればいいのね」

名も無き者 「イイ子だ、しっかりと頼んだぞ」

三人は死者の大地の南東、川沿いの地に向かいます。


クエスト「ミュエルストチーフ退治」

グレイス 「いたわ!」

お嬢 「確かに、大きい・・・」

リサ 「お嬢、フルバフで行きましょ」

お嬢 「オーケー」

ミュエルストチーフエリートミュエルトスファイターの巨大化したゾンビでしたが・・・ステータスは何故か小型でした!?

リサ 「くッ!?」

グレイス 「おねえ!」

リサ 「大丈夫、それより、グレイスは離れてスキルを!」

グレイス 「わかったわ!」

リサ 「さぁ、行くわよぉ!」

お嬢 「勝負あった・・・って感じ・・・」

リサ 「ストレス発散にいいかも・・・」

お嬢 「おねえにもストレスなんてあるの?」

リサ 「あらあら、こう見えても独り身の辛さは感じてるのよ」

お嬢 「え!?」

リサ 「あは、冗談よ、冗談!」

リサ 「さようなら・・・お化けさん」

おねえの凄まじいほどのクリティカル連発と、グレイス姉の強力なスキルで、ミュエルストチーフの排除に成功、無事ポケットを手に入れました。

名も無き者 「これは・・・やはりそうだったのか?これが事実だとすれば、面白いことになりそうだな・・・よし、これ以上ロストルドスにとどまる必要もない」


クエスト「死者の大地調査」 

名も無き者 「ジョニーが橋の中央で何か見つけたらしい、行って、調べてくれ・・・そこの箱の中に紙切れが入っているから、目を通してから行け」

グレイス 「どういう意味だろ・・・これ?」

名射手ジョニー 「あれだ、橋の中央付近に曰くありげな箱やら樽やらを見つけたんだが、さすがのオレも、一人でのんびり探索することが出来なかった・・・後は、あんたらに任せるよ」

おねえたちは、死者の大地を東西を分断する大きな河にかかるの中央に向かいました。

酒樽から「古い手紙」を見つけました。

リサ 「一体誰の手紙なのかしら・・・」

グレイス 「まさか・・・ジャケン収容所の事件と関連が・・・」

お嬢 「こっちへ」

壊れた箱からは「やぶけたメモ」を見つけます。

お嬢 「これはベスパニョーラですね、きっと」

グレイス 「親兄弟同士で殺し合う・・・おぞましいわ・・・」

そして、積み上げられた薪の中からは「焼け焦げたメモ」を拾いました。 

リサ 「ヒュー・・・ドン?」

グレイス 「誰かしら?」

リサ 「ドンが付く名前なら・・・リンドン」

お嬢 「リンドン卿の名前は、確か、ヒューゴ・リンドンだったはずです」

グレイス 「あの男、いったい何を!?」

リサ 「少なくとも、この地にも、バハマルにも、ジャケンにも、重要な関わりがありそうね」


クエスト「ミュエルトスのボス」

名も無き者 「ベスパニョーラ・・・汚いマネを・・・」

リサ 「この手紙に書かれているのは・・・リンドン卿では?」

名も無き者 「いいか、詮索は止せ・・・それより、これを持って、西にある廃村に潜伏しろ」

グレイス 「潜伏?これ、インビジブルポーションじゃないの?」

名も無き者 「そこに出入りする者が誰であれ、知られるのはまずい・・・村に入る前にこれを服用しろ」

指示通り、インビジブルポーションで姿を隠して、西のはずれにある廃村の中に入ると、唐突にミッションが始まります。


ミッション「ミュエルトスの住人」

グレイス 「やだ、囲まれてるわ!」

お嬢 「それだけじゃないみたい・・・」

グレイス 「え?」

グレイス 「モントロなの!?」

モントロ子爵 「ん?この私の名を知ってるお前は・・・」

グレイス 「うるさいわね!おねえ、あいつをお願い!雑魚はあたしが始末するから!」

リサ 「わかったわ!」

モントロ子爵 「くッ!思い出したぞ・・・貴様たちとは、初めてじゃないな」
水晶骸骨完結編モントロ子爵 ジャケン収容所の秘密part3

リサ 「あらあら、覚えていてくれて、光栄よ!」

グレイス 「よしッ、片付いた!」

モントロ子爵 「ぐぁッ!」

リサ 「あなたとは、腐れ縁みたいね!」

おねえの圧倒的なクリティカル攻撃に、モントロ子爵、たまらず昏倒します!

グレイス 「やったわ!」

リサ 「どうかしら?中身はもう逃げた後みたいよ」 

グレイス 「やっぱり、ジャケン収容所の事件とつながってた・・・」

リサ 「となると、いよいよ、彼の出自を知りたいわね」

グレイス 「そう言えば・・・あいつが部下だと言った男・・・どこかで見覚えが・・・」

リサ 「あらあら、知り合いなの」

グレイス 「う~ん、わからない・・・ただ、そんな気がしただけ・・・」

お嬢 「ミュエルトス・・・モントロ子爵の生体実験の結果産み出された、リビングデッド・・・」

またまた現れた十人貴族モントロ子爵名も無き者の部下という記憶を探し求める男エデュアルドとの出会いと、ミュエルストチーフとの激闘、目の離せない展開の続きは、次回を待て!
・・・連載漫画の予告編風に終わってみました、アハハ!


コメント(4) 

コメント 4

ケリー・アークヴァイン

いつも楽しく拝見しています^^
死者の大地編続きが楽しみです~
美しい写真の数々を見ると、クエストで走り回っていた時の
記憶が蘇ります^^

私なりに、下調べを十分にしてから、挑んだロストルドス編ですが
全然余裕無かったので(汗、写真は無いわ・記憶は曖昧だわ・・・(泣

リサ姉さん達の活躍を応援しています^^
by ケリー・アークヴァイン (2007-10-27 10:00) 

emilia

ケリー・アークヴァインさん、お久しぶりです!

ホントに走り回ることの多かった死者の大地でしたね。ほとんど出遭わなかったけど、時折赤い髑髏マークのPCを見つけては、ビクビクしながら大きく迂回したり・・・。万が一に備えて、三人とも移動速度+10%のブーツを履いてました、アハハ!
暗い場所が多かった割にはSSが綺麗に撮れていたので、ホッとしてます。

また、遊びに来てくださいね!
by emilia (2007-10-27 11:07) 

暗黒の魔王

お疲れベテラン推奨クエか・・・
いつかやらなねばならんのかなw
続きを楽しみにしておるぞw
by 暗黒の魔王 (2007-10-27 12:22) 

emilia

暗黒の魔王さま、いらっしゃいませ。

そうですねぇ、対戦するmobがいずれもLv100を越えてますし、途中で出てくるモントロ子爵も、取り巻きがいるので、ベテランじゃないと結構大変かも知れませんね。

それでは、またの御降臨、お待ちしてます!
by emilia (2007-10-27 12:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。