So-net無料ブログ作成
検索選択

憂鬱な依頼 [雪原クエスト]

リサ 「ねぇアデ、雪原のクエストはその後、どうなってるの?」
未知の光

アデ 「それがさぁ・・・スープの材料となるアイテムが全然集まらなくって・・・」

リサ 「そうなの?」

アデ 「あれから、何度かアイリさんたちと雪原に入ったんだけど・・・アイテムが、落ちないんだよね」

リサ 「昨日もAruseと組んで行ってきたんでしょ?」

アデ 「あぁ・・・」

リサ 「それだけ価値のある秘密を握ってるってことね、そのインビエルノという人」

アデ 「どうかな・・・

おはようございます、Virgin家の四女エミリアです。今朝は、インビエルノさん依頼のスープ材料集めのお話です。今回はそのpart1として、昨日Aruse家と組んだSQの話題をお送りします。(それにしても、全部集まるまでに、どれだけ時間がかかるかわかりません・・・ふぅ)


純白の大地

Reko 「お久しぶりアデリーナ、あなたと狩りをするなんて、いつ以来かしら?」

アデ 「そうだなぁ・・・もしかして、グレートヒルジャイアント討伐あたりか?」
グレートヒルジャイアント討伐

Reko 「それって、昨年の10月よねぇ・・・もぉ一年になるんだ・・・」

アデ 「それにしても、なんだい、そのサングラスは?」

Reko 「これ?雪原対策よ、紫外線カットの」

Miyu 「雪眼炎、別名雪目ね」

アデ 「ふぅん、それでYokoさんやお嬢まで・・・」

お嬢 「えぇ、まぁ」

アデ 「それじゃ・・・アタシとグレイスの眼が焼けたら、あとは頼むよ」

確かに、この二人・・・これまでと全然イメージが変わってます!Rekoさんはバイオレットポニーテールとの組み合わせで若返り、Miyuさんは、なんか、こう・・・アダルト、って感じが・・・。

Reko 「・・・(いよいよアタシの時代が来たわ・・・ウフ)」

Miyu 「・・・(全世界にMiyuフアンがまた増えるわね・・・エヘ)」

アデ 「・・・(眼帯でも新調するか・・・)」

アデ 「こいつなんだけど、キャベツを落とすのは」

Yoko 「もぉかれこれ、20は狩ってるけど・・・出ないわねぇ」

この純白の大地では、スノーウルフLv106ウルフミートと、スノーラジムラムLv105キャベツ集めが目的なんですけど・・・ほとんどドロップしません。それでも、ウルフミートはぼちぼち落ちますが、キャベツが・・・う~ん、これ野菜なんだからカミユさんの市場で買えればいいのに・・・。

Yoko 「・・・(やっぱり今日の主役は、あたしでキマリね!)」

アデ 「ん?Yokoさん、何か言った?」

Yoko 「え、べ、別に何でもないわよ、アハハ」

Yokoさんのカミサ姿、ファッションチェックSS以外では初めて見ました!なんだか、ベルサイユ宮殿騎士って感じがステキッ!え、時代が違うって?気にしない、気にしない!

Miyu 「そういえば、ロルク、覚醒したんだって?」

お嬢 「ええ、おかげさまで・・・」
僕の世界へ!古代骸骨の巣観光案内

Miyu 「そぉ、よかったわね!」

お嬢 「あ・・ありがとぉ・・・って、あたしが言うのも変か・・・」

Miyu 「そんなことないわ、大切な人の成長を見守ることができるのは、幸せなことよ」

お嬢 「Miyuさん・・・もしかして・・・」

Miyu 「うふ・・・他の居候さんたちも、お願いね」

お嬢 「あ、はいッ!」

それって、Miyuさん、Mr.のことですよね、ねッ!

アデ 「このエルシノスLv107ってのは、何にも落とさないのか?」

お嬢 「少なくともインビエルノさんの依頼にあった材料は落としません」

アデ 「そのくせ、やたらと堅いし、鬱陶しいな!」

Yoko 「エリート、来たわよッ!」

アデ 「鬱陶しいのが、増えたってわけだ!」

ソロ雪原に来たとき、最も恐ろしいのが、このエリートエルシノスLv107の襲撃です。強力なスピーニングアッパーを喰らうとかなりの高さまで殴り飛ばされ、その間に、次から次へと雑魚mobたちが集まってしまいます。

アデ 「さすが、Yokoさん、盾役は完璧じゃないか」

Yoko 「そぉよ、どぉ、惚れ直した?」

アデ 「あぁ、ぞっこんだ!」

エリートエルシノスの襲撃も、このSQなら全く問題になりません!

グレイス 「ねぇお嬢、一体、どれだけ集まったの?材料・・・」

お嬢 「今日の分はウルフミートが11、キャベツが2つ、ってとこね」

Miyu 「あら、たったそれだけ・・・」

グレイス 「AruseとVirgin、両家の分と考えれば、それぞれ100必要なのよね?」

Miyu 「うちはいいの、まだ、そこまでクエスト進んでないから」

お嬢 「まだ、ルバースピースで?」

Miyu 「ええ、ソロじゃどうしようもないわ・・・」

グレイス 「手伝うにしても・・・二家門じゃ難しいらしいし・・・」

Miyu 「そそ、だから、とりあえずVirginの分だけも集まればいいのよ」 

アデ 「それにしても、落とさないなぁ」

グレイス 「出直す?」

アデ 「そうだな・・・今日一日じゃ、とっても無理だ」

この日の狩りは延べ5時間にも及びましたが、集まった材料は、結局、以前集めた分と合わせても必要数の3割にも足りませんでした。これから一体どれだけ時間がかかるのか、気が遠くなりそうな・・・。というわけで、今回の狩りはここまでです。Aruse家のみなさん、ありがとうございました!

リサ 「マーケットで集められないの?」

アデ 「ごく希に、少数出てるようだけど、滅多にお目にかかることはないなぁ・・・」

リサ 「そぉ・・・」

アデ 「そうだ、今度、おねえも行ってみるといい」

リサ 「あたし?あたしなんか、足手纏いになるだけよ」

アデ 「そんなことないさ、Yokoさんか、アイリさんがいれば、他のメンバーは攻撃に専念できるし、ドバラダのクリティカル率なら、十分に戦力だと思うよ」

リサ 「あらあら、なんだかワクワクしてきたわ!」

そんなわけで、近いうちにおねえ雪原デビューがあるかも?でも、ベリーダンサーコスチュームだと、とっても寒そう・・・。


コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 2

ナミ

はじめまして!
数ヶ月前にGEをはじめて、ここに辿りつきました。
話の展開が面白くて、ほとんど一気に読みきってしまいました。
これからも素敵な話を楽しみにしています。

新しいNPCコスが出てきましたねー。
エミリアさんのファッションチェック、期待していますw
by ナミ (2007-10-04 22:07) 

emilia

ナミさん、初めまして!

コメントありがとうございます、とっても嬉しいです!
これからもVirgin家をよろしくお願いします!

NPCコス、該当者は一杯いますが・・・資金とよく相談しようと思います。(基本はやっぱり、“女たち”ですから、アハハ!)

また遊びに来てくださいね!
by emilia (2007-10-04 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。