So-net無料ブログ作成
検索選択

幽霊屋敷からの便り [開拓(連続)クエスト]

グレイス 「へぇ~、あの二人、60になったんだ」

エミリ 「ムエタイ君には負けられないって・・・もぉ、子供みたいなんだから」

アデ 「いいじゃないか、居候のレベルが上がれば、家門レベルの恩恵も増えることだし・・・」

グレイス 「ところで・・・イッジのことはどうする?」

エミリ 「あの子・・・本気みたいよ」

アデ 「好きにさせておくさ」

エミリ 「でも・・・探偵さん、きっとカミユさんのこと・・・」

アデ 「男で苦労するのも、成長する秘訣だよ」

グレイス 「そうよね、姉御みたいに!」

アデ 「こいつ!」

 

アイラワン 「グルトルデさん、Lv60になったんですってね」

グルトルデ 「ハッハッハ~、ムエタイ、次は君の番だ、精進したまえ」

アイラワン 「私は・・・」

アデ 「坊や、遠慮することはないんだよ」

アイラワン 「あ、姐さん」

グレイス 「そうそう、このお姐さんたちが手伝ってあげるから、支度なさい」

グルトルデ 「ムエタイ、行ってこい!そして、オーシュの開拓副官との約束を果たせ!」

アイラワン 「でも・・・私のような新参者が・・・」

アデ 「ふ~ん、やっぱり遠慮してるんだ」

グレイス 「あのね、家族に古参も新参もないの、誰かのレベルが上がれば家門レベルも上がるから、結局は皆のためになるのよ」

アデ 「いいかい、あたしたちは個人の名誉とか欲得で開拓をしているわけじゃないんだよ」

グルトルデ 「ハッハッハ~、家族みんなの幸せのためってわけだ!」

アイラワン 「わかりました!よろしくお願いします!」


ポルトベルロ隠されたデッキ


おはようございます、Virgin家の四女エミリアです。今朝はLv60になったムエタイ君が、オーシュ開拓副官クエストを進めます。トルシェー博士自らが語る三年戦争で起きた驚愕の真実・・・そして、その博士からおねえ宛に意味ありげな書簡が届きました。

 

アイラワン 「ありがとうございました!Lv60なんて、夢みたいです!」

グレイス 「これだけあれば、トルシェー屋敷も楽勝ね」

アデ 「トルシェーの安否を確認することを忘れるんじゃないよ、あの博士の身に何かあればカトリーヌたちが悲しむ・・・」

アイラワン 「はい!」

グレイス 「ソホ、頼んだわよ」

ソホ 「任せておけって」

グルトルデ 「それではムエタイ、いざ、逝かん!」

ソホ 「おい、字が違う・・・」


トルシェー屋敷受付ホール

クエスト幽霊屋敷調査と討伐 


アイラワン 「ここの開拓碑は、ウォルターとホロウフットマンのハントが残ってます」

グルトルデ 「今の私たちなら、鎧袖一触だ!」

ソホ 「ここで二つ、あと一つは二階の図書室で集めよう」

グルトルデ 「ハッハッハ~、あっという間だな!」

アイラワン 「トルシェー博士というのは、どちらに?」

ソホ 「無事であれば二階の研究室にいるハズだ」

アイラワン 「それじゃ二階へ!」

トルシェー屋敷図書館
 

アイラワン 「ここの開拓碑はサシャーとエレナのハントです」

ソホ 「とりあえず、エレナハントでいいんじゃないか?数も多いし・・・」

アイラワン 「わかりました、受けます」

ソホ 「この先が、研究室らしい・・・」

アイラワン 「ハントもこれで終了です!」

グルトルデ 「それでは、幽霊屋敷の主人に会いに行くか・・・」

ソホ 「それにしても凄い数の蔵書だ・・・」

グルトルデ 「・・・(ここに、奇跡の錬金術師トルシェーの秘密があるのか)」

トルシェー博士 「誰だ?」

 

アイラワン 「失礼しました!Virgin家の者です、ご無事でしたか?」

トルシェー博士 「おお、Virgin家か、で、無事とは何のことだ?」

アイラワン 「あ、いえ・・・博士の安否を確かめて欲しいと、開拓支援本部からの要請があったので・・・」

トルシェー博士 「なにぃ!開拓支援本部だと!ベスパニョーラの手先め、とうとう、この屋敷に目を付けおったか!」

アイラワン 「!?」

グルトルデ 「博士は、ベスパニョーラ随一の錬金術師として活躍されていたと聞いてますが・・・」

トルシェー博士 「確かにわしはベスパニョーラの支援を受けて錬金術の研究をしてきた・・・ブリスティアとの三年戦争の際に、わしの錬金術が使われるのに反対もしなかった・・・全てのものには光と影があるのだから・・・だが、王室の奴らは人間の道をも踏み外した!」

グルトルデ 「?」

トルシェー博士 「天下分け目のバレアレス海戦で、劣勢だった王室の赤色艦隊がブリスティア艦隊相手に、奇跡的な勝利を収めた理由を知っているかね?」

グルトルデ 「いいえ・・・」

トルシェー博士 「それは、未完成の“集積魔法砲”を投入したからなのだ」

ソホ 「集積魔法砲?」

トルシェー博士 「王室は集積魔法砲の恐ろしい反作用を知りながら、味方をも犠牲にして、栄光の勝利を手に入れた・・・」

グルトルデ 「恐ろしい反作用とは?」

トルシェー博士 「集積魔法砲の強大な威力は、とても人類にコントロールできる代物ではなかったのだ・・・だから、砲を撃った瞬間、彼らは一瞬にして精気を奪われ、生ける屍(Living Dead)となってしまった・・・」

グルトルデ 「なんだって!」

トルシェー博士 「それだけじゃない・・・王室は、生ける屍となった船員たちを、そのまま艦上戦に投入し、血の臭いに狂ったゾンビ部隊は、ブリスティアの兵士たちを喰らい始めた!」

アイラワン、ソホ、グルトルデ 「うぁ!?」

トルシェー博士 「その事実を知って、わしはベスパニョーラと袂を別った・・・と、まぁ、昔のことはどうでも良い、ご覧の通りわしはピンピンしておる・・・戻って支援本部の役人に伝えよ、この屋敷を探索するのはやめろと!」

グルトルデ 「わかりました・・・」

トルシェー博士 「・・・ところで、カトリーヌたちは元気かの?」

ソホ 「ご安心ください、お嬢様たちは皆お元気です」

トルシェー博士 「そうか、世話になってばかりで申し訳ないと、ご当主に伝えてくれ」

ソホ 「はい、必ずお伝えします」

アイラワン 「それでは、失礼します」 

トルシェー博士 「ちょっと待ちたまえ」

アイラワン 「え?」

トルシェー博士 「この手紙を、ご当主に届けて欲しい・・・」

アイラワン 「お安いご用です!」

トルシェー博士 「よろしく頼む」



 

開拓副官 「・・・そうですか、博士はご無事だったのですね」

アイラワン 「ええ、だから、屋敷の探索はやめてくれと・・・」

開拓副官 「・・・」

アイラワン 「・・・」

開拓副官 「わかりました、トルシェー邸宅については、当分、安心してよさそうですね・・・あ、そうそう、シモンさんが皆さんを探してましたよ」

グルトルデ 「シモンが?」

開拓副官 「急いでらしたので、行ってあげてください」

アイラワン 「そうします・・・」


クエストシモンアイェンデの呼びかけ2

シモン 「諸君の実力を見込んで、頼みたいことがある」

アイラワン 「何でしょう?」

シモン 「実は、長い間連絡の途絶えていた知人から、今セニーザ高原にいるという知らせが来た」

アイラワン 「セニーザ高原?」

シモン 「彼は、決して犯罪者ではないのだが、わけあって本国から追われているために、私とも直接会うことを拒んでいる・・・そこで、この手紙を届けて欲しいのだ」

ソホ 「セニーザ高原なら、僕が行ってこよう」

シモン 「ありがたい・・・正直、聞き入れてくれるか心配だったのだが、杞憂だったようだ」


セニーザ高原

クエスト長い付き合い


謎の男 「・・・シモンのやつ、相変わらずだ・・・」

ソホ 「何か伝言は?」

謎の男 「うむ、しっかり聞いて、シモンに伝えろ・・・モントロが新大陸に現れた、気をつけろとな・・・詳しくはこの手帳に書き留めてある、渡してくれれば、やつも何らかの措置を執ると思うが・・・」

ソホ 「モントロだって?」

謎の男 「ああ、思い出したぞ、Virgin家の者なら、短剣使いの女がいるハズだ」
ジャケン研究所の秘密part2  3

ソホ 「・・・(リサさんのことか?)」

謎の男 「いい女だった・・・よろしく伝えてくれ」

シモン 「本当なのか?彼はモントロが新大陸に現れたと言ったのか?」

ソホ 「ああ、確かにそう言っていた、あと、この手帳に詳しいことは書き留めてあると・・・」

シモン 「このことは、オーシュの開拓副官には秘密にしてくれ・・・彼女も本国から派遣されてきた人間だから、こんな話が漏れては困る」

ソホ 「わかった」

シモン 「あ、それから、君たちも、決して口外しないで欲しい、いつかこのことを詳しく説明する時が来るまでは・・・」

ソホ 「わかっている・・・」

驚きましたねぇ、あの謎の男と、共和派首長が旧知の仲だったなんて・・・。それにしても、博士からおねえ宛の手紙、何が書いてあったんだろう・・・ちょっち、気になるなぁ・・・。


コメント(6) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 6

蜜雨

こんにちわ♪
バハマル前のリンドンクエ!storyが進んで来ましたね!!
なかなか全体像が見えないもどかしさはありますが、またまた
謎の男に出会えただけで良し♪って感じの我が家です!
バハマルのmobはかなり気持ちワル~イのが多くで姉御の気持ちが
よぉ~っく分かりました・・。
オリジナルストーリーとのMIX楽しみに待っています!!
by 蜜雨 (2007-07-22 17:19) 

emilia

蜜雨さん、こんばんは!

バハマルのクエスト、二つめのボス討伐から進みません・・・。雪原もボス、タブカルもボスと、クエストが全部ボスで止まってしまい、ちょっち、残念です。(ボスクエストクリア専門の党ってないかしら・・・)
その代わり、この経験値アップ期間に、居候たちのレベルがぐんぐんと上がってます(それほどじゃないけど・・・)アハハ!
来週からは、新NPC ビキ絡みの記事も、なんとかいけそうです!

また遊びに来てくださいね!
by emilia (2007-07-22 20:04) 

ボネ

o( _ _ )o どもども~

いつも ここを画面のアイコンに出して拝見させてもらってます

まだまだわからないながら・・・ レベルアップを頑張ってます

クエストや色々 ほほぉ~なるほど~とか思いながら

隅から隅まで みせてもらってます(〃^ー^〃)

いつもお世話になってるなぁ~と 勝手にありがとうをいってます

これからも楽しみに 楽しくみさせていただきます。
by ボネ (2007-07-24 11:56) 

emilia

ボネさん、初めまして!

デスクトップにアイコンですかぁ!と~っても、嬉しいです!!
お話しの様子だと、最近GEを始めたのでしょうか?このblogで扱っているクエストは、Virgin家の開拓状況に応じて、多少(ものによってはかなり)脚色してあります。なので、直接的な攻略情報にはならないことがあるかもしれませんが、これからもご贔屓にお願いしますね!

また、遊びにいらしてくださいね!お待ちしてますッ!
by emilia (2007-07-24 12:55) 

ボネ

才ノヽ∋ ーございます
お返事ありがとうです ヽ(◕∀◕)ノ ワッチョーイ♪

ヾノ≧∀≦)oィェィェ   皆のコスチュームや色々本当に楽しくみせてもらってます
自分にはまだ持てないコスや これからの楽しみが増えます。
あぁ~あのコスを手に入れるまでは 頑張るぞ~とか ププ
本を見るように 見せてもらってます
お友達にも 「いい所があるんだよ~」って勝手に紹介してみたりw
画像をみながら・・の武器説明やコスやクエスト 始めたばかりの人には分かりやすくて なおかつ・・・楽しく読めて 見れる(*ノε`)ゥフフ
これからも 楽しみにしてます
暑い日が 続きますが 体調には気をつけて
う~~~~~んと 楽しみましょう (`0´)ノ オウ!

(`0´)┌┛ どどぉ~~んと 戦うぞ~~~~ォゥ   〆
by ボネ (2007-07-31 08:08) 

emilia

ボネさん、おはようございます!

お褒めの言葉をいただき、とても恐縮しています!

初心者さん向けというわけではありませんが、次のシリーズで、タウンガイドをやってみようと思います、あ、もちろん、コッテコテに脚色してありますけどね、アハハ!

それでは、また遊びに来てくださいね、お待ちしてます!あ、そうそう、お友達にもよろしくお伝えください!
by emilia (2007-07-31 08:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。