So-net無料ブログ作成
検索選択

北西方面の調査 [雪原クエスト]

エミリ 「消えた村ねぇ・・・純白の大地って、名前はステキだけど、怖いところなのね」

お嬢 「フェルッチオウォールによって外界から遮断された、怨念の地・・・そんなところよ」

グレイス 「行ってみる?」

エミリ 「え?でも、Adeリンがいないと困るんじゃないの?」

お嬢 「トールをMiyuさんに返せば、今度はMiyuさんが参加するって」

エミリ 「え~、だったら行ってみたい!」 

グレイス 「また何か手伝うことがあるかしら?」

ルデザービシハ 「諸君が持ち帰ってくれた日記帳と手紙をよく読んでみた・・・当初、我々は雪原に進出した開拓民たちが生存している可能性は全くないと考えていた・・・しかしだ、この日記帳を見て欲しい・・・どうしても気に掛かるところがある」

Yoko 「気に掛かるところ?」

ルデザービシハ 「ここだ・・・畑で育ち始めた人の顔を持つ黒い苗木・・・」

お嬢 「エルタト?」

ルデザービシハ 「そのとおり・・・君たちも雪原で遭遇したことがあるだろう、あれだ・・・この地域は、我々にも解析できない魔力で汚染されている・・・エルタトはその影響で、あの苦しげな顔を持つモンスターになってしまったのかも知れない・・・」

グレイス 「そのエルタトがどうしたの?」

ルデザービシハ 「レスキューナイツの隊員が、この地域の北西で、動かないエルタトを発見したとの報告を受けた・・・どうだろう、諸君でその動かないエルタトを調べてみてはくれないか?」

Yoko 「もちろん、引き受けるわ」

ルデザービシハ 「ありがとう、感謝する・・・」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜、あたしも雪原初体験です!
そして・・・純白の大地北西への移動は、困難を極めた旅となりました・・・。


クエスト北西方面の調査

エミリ 「これが、エルタト!?」

Akiran 「どうだい?あの苦渋に満ちた表情は・・・」

エミリ 「夢に出てきそう・・・」

Yoko 「Miyu、頼んだわよ!」

Miyu 「は~い、任せておいて!」

Yokoさんがターゲットを固定し、効果的なダメージを叩き出すのは、もっぱら、電撃属性攻撃を駆使するMiyuさんの役目です。

グレイス 「Yukoさんから、ブラックドラゴン、借りて来るんだった・・・」

グレイス姉Lv92処刑銃も、やや力不足の感は否めません。

そして、あたしのフォトンも・・・瀕死のmobが相手なら、それなりに使えるんだけど・・・。

お嬢 「攻撃等級がもう少し欲しいわね・・・」

Yoko 「あったわよ!」

Akiran 「確かに、動いてないように見えるけど・・・」

Miyu 「近づいてみる?」

三体の動かないエルタトを発見したものの、mobたちの襲撃が相次ぎ、なかなか近づくことが出来ません。

Yoko 「この子たちはあたしが引き付けるから、その隙にVirginの三人で調べてみて!」

グレイス 「わかった!」

エミリ 「これでどぉ!」

グレイス 「オーケー、道が開いたわ!」

グレイス 「これ、何だろう?」

エミリ 「家財道具みたい・・・」

お嬢 「村の人々の持ち物じゃないかしら・・・」

エミリ 「あ!お嬢、危ない!」

お嬢 「え?」

エミリ 「えいッ!」

お嬢 「ありがとぉ!」

突然、ブリザードレブナントの襲撃を受けました。エルタトを調べるたびに必ず一体、現れるようです。

グレイス 「今度は、何かの遺留品みたい・・・」

エミリ 「グレイス姉さん、後ろ!」

Miyu 「あたしに任せて!!」

二体目のブリザードレブナントMiyuさんが仕留めてくれました。

Miyu 「エヘヘ!ナイスショット!でしょでしょ?」

Akiran 「Miyu!また二匹、来たぞ!」

Miyu 「もぉ、この子たちしつこいなぁ・・・相手に嫌われるタイプね!」

エミリ 「これが最後ね・・・」

動かないエルタト 「グァゥォ~ッ!」

エルタトの体内からゴールドアップルを取り出した途端、エルタトは世にも恐ろしい悲鳴を上げました。

エミリ 「きゃッ!」

グレイス 「エミリア!」

エミリ 「ブリザードレブナントがそっちへ!!」

Yoko 「大丈夫、心配いらないわ!」

三体目のブリザードレブナントSQ一斉攻撃で、氷の塊となって飛び散ってしまいました。

エミリ 「・・・(あれは・・・確かに、人間の悲鳴だった・・・)」

お嬢 「この純白の雪に覆われた美しい雪原の下には、為す術もなく倒れていった開拓民の怨念が封じ込められているのかもしれないわ・・・」

グレイス 「戻りましょう・・・なんだか、長居はしたくない気分・・・」

Yoko 「そうね・・・」 

ルデザービシハ 「何だって、この遺留品やゴールドアップルをエルタトの体内で見つけた!?」

グレイス 「ええ・・・それで、ブリザードレブナントに襲われたわ」

エミリ 「恐ろしい呻き声も聞こえたの・・・」

ルデザービシハ 「ともかく、ご苦労であった、これが諸君の労働への給与だ」

Lv90経験値カードマンサーナフィラーという薬品をもらいました。

お嬢 「なんだか、使い所の難しそうな薬品ね」

Yoko 「それじゃ、今夜はここまでにしましょう」

グレイス 「ええ、おやすみなさい」

Miyu 「グレイス?」

グレイス 「え?」

Miyu 「ソホに、よろしくね!」

グレイス 「あ・・・」

というわけで、雪原クエスト第二弾、「北西方面の調査」完了です!


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。