So-net無料ブログ作成
検索選択

ラスト『ハプニング』!ペリドットは永遠に [イベント]

エミリ 「お嬢、Adeリン、ニムロッド橋に怪物が現れたって!!」

お嬢 「怪物?」

Adeリン 「行く。」

 

お嬢 「シャペン!?」

エミリ 「これが・・・シャペンベルガーザカース・・・」

Adeリン 「大きい。」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜は、ペリドットワールド最後の日、突然告知された『ハプニングイベントに参加してきました。

お嬢 「シャペンの取り巻きたち・・・デビルバシアルキャプテンとデビルスチールアンカー・・・」

エミリ 「デビルスカルナイト!?」

開拓者A 「シャペンは後回し、先に取り巻きを叩くんだ!」

この開拓者さんの声で、苦戦していた開拓者の目標が定まりました。

エミリ 「ペリドットワールド開拓者の心意気、あたしたちの底力、見せてあげるんだから!!」

お嬢 「・・・Adeリン?どこ?」

取り巻きを失い、空中をぐるぐる旋回するシャペンAdeリン、肉薄します。

エミリ 「それじゃ、あたしも!フォトンスプラッシュ!」

開拓者B 「だめだ!全然減らないぞ!」

開拓者C 「あいつの回復力の方が上回ってるんだ!」

Reko 「こんばんは、エミリア」

エミリ 「あ、Rekoさん!」

Reko 「なかなか盛況ね」

エミリ 「この子、強過ぎ・・・ホントに倒せるのかしら?」

Reko 「スタンで動きが止まったときがチャンスね」

エミリ 「きたッ!スタン!!」

開拓者一斉攻撃が始まります!それでも、この子、ビクともしないんです! 

エミリ 「まだまだだわ!」

Reko 「諦めちゃダメ!諦めたら試合は終わりよ!」

エミリ 「うん!」

Adeリン 「絶対。倒す。」

エミリ 「そうね、そうよね!頑張るんだから!!」

それでも、スタン状態を繰り返すたびに、徐々にシャペンHP0に近づきます。

エミリ 「今度こそ、いけるわ!」

一同 「やった!!」

午後10時、ニムロッド橋に現れた、シャペンベルガーザカースの最期です。

Reko 「いよいよね」

エミリ 「ペリドットワールド消滅の日・・・」

Miyu 「アゲートワールド誕生の日よ」

Adeリン 「アゲート。」

お嬢 「メノウ石のことよ・・・Agateはギリシャ語のachatesに由来し、これはアチヤテスという名前の川でこの石が産出したことから名付けられたの」

Akiran 「相変わらず博学だなぁ」

お嬢 「受け売りよ」

エミリ 「新しい希望の日々・・・始まるのね」

Reko 「そう、そうなるわ、きっと・・・」

 

   明日はペリドットサーバー消滅の日です。わたしたちのワールドが無くなるのはこれで二度目(一度目は昨年の7/4、パールからペリドットへ)、前回のような混乱(キャラクターが作成できない、家門が消えたように見える等)がないことを祈って、今夜は、ここまでにします・・・おやすみなさい。


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。