So-net無料ブログ作成
検索選択

ロミナ [ウスティウルクエスト]

ロミナ 「あのブラキオサウルスを排除したと言うの?」

アデ 「ああ、倒してきた」

グレイス 「楽勝だったわ!」

お嬢 「それで、エスペランサ滝のそばで、こんなものを拾ったんだけど・・・」

ロミナ 「残念ながら、ここに駐屯している私の部隊は、いまだに倒したことがない・・・是非、そのスピノスカルを私に譲って欲しい!」

グレイス 「こんなもの、何するの?」

ロミナ 「ここに駐屯した証として、一つくらい持っていたい・・・それだけの価値はある」

グレイス 「そういうことなら、いいわよね、姉御」

アデ 「ああ、構わないよ」

ロミナ 「ありがとう、一生の宝物になる!・・・それにしても、レスキューナイツとして様々な場所を転戦してきたが、貴方たちほど私の血を熱くする人たちと会ったことがない・・・どうだろう、一度手合わせを願えないだろうか?」

お嬢 「えッ!あたしたちがロミナさんと戦うの?」

アデ 「いいだろう、受けて立とうじゃない」

グレイス 「手加減は無しよ」

ロミナ 「もしこの戦いで命を落としても、私は後悔しない」

ミッション「ロミナとの対決

アデ 「グレイス、援護は頼んだよ」

グレイス 「任せておいて、お嬢は姉御を」

お嬢 「わかってます」

ロミナ 「覚悟はいいかしら?」

アデ 「その台詞、そっくりそのまま、あんたに返すよ」

ロミナ 「貴方たちの実力は認めるけど、私には通用しない!」

アデ 「どうかな?」

ロミナ 「最後に立っているのは、この私だ!」

アデ 「・・・これで終わりか?」

ロミナ 「え?」

ロミナ 「キャ~ッ!」

アデ 「悪いな、ロミナ・・・これがあたしたちの実力だよ」

 

グレイス 「エヘヘ、それほどでも・・・」

アデ 「それじゃ、さっそく、我が家に来てもらおうか」

グレイス 「みんな、きっと大歓迎よ!」

お嬢 「これからもよろしくお願いします、ロミナさん」

アデ 「おねえ、新しいVirginだ」

リサ 「あらあら、中隊長さんね」

ロミナ 「よろしくお願いします」

テイア 「ただいま・・・あッ!中隊長!?」

ロミナ 「テイア、元気そうね」

テイア 「はいッ!で、でも、どうして中隊長がここに・・・」

アデ 「Virignの新メンバーだよ」

テイア 「ホントですか?中隊長と一緒に暮らせるなんて、光栄です!」

ロミナ 「その中隊長はやめて・・・ロミナ、ロミナでいいわ」

テイア 「し、しかし・・・」

アデ 「アハハ、いいじゃないか、テイアにとっては怖~い中隊長様なんだから」

テイア 「い、いえ、怖いなんてとんでもありません!中隊長は・・・」

リサ 「あらあら、呼び名なんてどうでもいいのよ、どちらにしても、きょうからは家族なんだから」

グレイス 「そうだよ、ロミナもテイアも、肩の力を抜いていこうよ」

ロミナ 「そうですね、そうしましょう、テイア」

テイア 「了解しました!ロ・・・ロミナさん」

アデ 「ふッ、言えるじゃないか」

一同 「アハハハッ」

ロミナ 「テイア・・・ご苦労さま、あなたの送ってくれたレポートで、Virgin家が信頼に足る家門だということがわかりました」

テイア 「お役に立てて光栄です」

ロミナ 「きょうまで、スパイのような真似をさせて、ごめんなさい・・・」

テイア 「い、いえ、任務ですから・・・」

ロミナ 「開拓者というのは、一つ間違えれば、秩序を乱すやっかいな存在にもなりかねない・・・このところ名声を上げつつあるVirgin家は、果たしてどうなのか・・・でも、今となっては杞憂だったみたいね」

テイア 「はい、確かに当初は、海賊上がりで本国ベスパニョーラに恨みを抱く次女、その本国との戦争を生き残った元ブリスティア軍将校の三女といった反動分子、それに街のチンピラや食い詰め探偵などが居候と称して入り込んでおり、反体制活動の拠点ともなりかねない胡散臭さを感じたものです・・・が、この家には、温もりがありました・・・それぞれの過去が見事に昇華され、純粋な開拓の精神に満ち溢れ、信頼に足る素晴らしい家門だと思います」

リサ 「あらあら、何のお話かしら?」

テイア 「!?」

ロミナ 「ご当主!?」

リサ 「ロミナ、わが街コインブラはいかが?」

ロミナ 「そ、それは、とても美しい街だと・・・」

リサ 「よかったわ、気に入ってくれて」

テイア 「ハイ、中隊・・、あ、いや、ロミナさんもこの街を好きになってくれました」

リサ 「それじゃ、二人にお願いがあるの」

ロミナ 「何でしょうか?」

リサ 「先ほどのお二人の話・・・妹たちには絶対に聞かせないで欲しいの・・・」

ロミナ 「!」

リサ 「あの子たち、あ、もちろん、あたしもだけど、お二人を心から歓迎してるの・・・だから・・・ねッ」

ロミナ 「わかりました・・・申し訳ありませんでした・・・」

テイア 「す、すみませんでした!」

リサ 「わかっていただけて嬉しいわ・・・それじゃ、ロミナさんを歓迎するんだって、居候の男たちも色めき立ってるから、夕食にしましょう」

ロミナ 「・・・ご当主」

リサ 「え?」

ロミナ 「Virgin家の一員となれて・・・光栄です・・・」


コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 2

薄

最近見つけて
このページ知って
読みふけって
気づいたら
此処まで一気に読んだしまった

その勢いのまま
とうとう書き込んでしまった

………本当にいい話だ…。
by 薄 (2009-03-02 11:13) 

emilia

薄さん、はじめまして!コメントありがとうございます、とっても嬉しいです!

拙いblogですが、今後ともよろしくお願いします。

また遊びに来てくださいね!
by emilia (2009-03-02 12:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。