So-net無料ブログ作成
検索選択

1.96開幕 胸騒ぎ・・・ [NPCクエスト]

クエスト「ブルーニのおつかい

お嬢 「・・・ふぅん、それでそのブルーニさんの依頼で地下墓地へ?」

ロルク 「そうなんだ、手伝ってくれるかい?」

お嬢 「それはいいけど・・・」

ロルク 「あ、もう一人はAdeリンに声を掛けておいたから大丈夫!」

お嬢 「・・・あら、そうなの・・・」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜は、また一人、新しいVirginの誕生です。
でも、おかげで、お嬢が・・・。

お嬢 「あたしが、どうしたの?」

エミリ 「あ、いや、その・・・」

お嬢 「エミリ、はっきりおっしゃい!」

エミリ 「え、えっと、じゃあ、今夜の案内をお願いね!」

お嬢 「!?」

しょうがないわねぇ・・・え~と、ロルクの話によると地下墓地ハードカルセドニーという鉱物を8つ集めるらしいんだけど・・・。

ロルク 「さっそく、ブルックスのお出ましか!」

Adeリン 「問題。ない。」

ロルク 「ん?紫のガーゴイルなんて、いたか?」

お嬢 「これはねぇ、今回のアップデートから登場するようになった、エリアボスのジークムンドなの」

ロルク 「そうなのか・・・相変わらず物知りだね、お嬢」

このジークムンドエリアボスの印を落とします。これを地下墓地全域で集めると、報酬がもらえるそうですが・・・。この日は、ハードカルセドニー集めに専念します。

ロルク 「フロストクラウドでとどめだな」

Adeリン 「まかせ。ろ。」

というわけで、これがそのエリアボスの印です。

Adeリン 「あった。」

ロルク 「オーケー」

ハードカルセドニー地下墓地に沸くを壊すことで手に入ります。ドロップ率は100%ですが、自体が少ないので、結構な時間が掛かりました。

ロルク 「さぁ、受け取って」

ブルーニ 「ありがとぉ!さすがにロルクね、初めてあった頃からすれば、たくましくなったわ!」

お嬢 「!

ロルク 「で、次は何をすればいい?」

ブルーニ 「ちょっと待って、今、鍵を用意するから・・・」

ロルク 「わかった、もちろん行くよ」

ブルーニ 「その部屋はアヴェルヌスの道に通じていて、その最奥の部屋にゴールドホーンガーゴイルがいるの」

ロルク 「ゴールドホーンガーゴイル!?」

ブルーニ 「大丈夫、今のあなたなら、問題なく倒せると思うわ」

ロルク 「そうか、それで?」

ブルーニ 「そのガーゴイルの角を持ってきて欲しいの」

ロルク 「わかった!さぁ、お嬢、行こう!」

お嬢 「・・・うん」 

クエスト「ゴールドホーンガーゴイルの角

その隠された部屋への扉は、ゴールデンロードに入ってすぐ東側にある小部屋にありました。

ロルク 「ここか、ブルーニが言っていたアヴェルヌスの道というのは」

Adeリン 「なんか。いっぱい。いる。」

お嬢 「これじゃ、キリがないわね」

ロルク 「最奥まで走ろう!」

あたしたちのレベルでは、受けるダメージはほとんどないので、一番奥の部屋を目指して、一気に駆け抜けます。

お嬢 「ロルク、いたわ!」

ゴールドホーンガーゴイル、各属性耐性が少しあるけど、問題なさそうです。

部屋にはいると、部屋中のmobたちが襲ってきます。もちろん、あたしが完全にサポートしているので、危ない場面はありません。

ロルク 「君に恨みはないけれど・・・すまないね」

無事にゴールドホーンガーゴイルの角を手に入れました。

ブルーニ 「ありがとぉ、ロルク、お礼にあたしを差し上げるわ」

ロルク 「え!?」

ブルーニ 「あたしのカードのことよ・・・ところで、あの綺麗なお嬢さんは?」

ロルク 「あぁ、彼女は一足先にコインブラに戻ったよ」

ブルーニ 「あなたの奥さま?」

ロルク 「い、いや、ちがうけど・・・」

ブルーニ 「へぇ~、同じ屋根の下で暮らしているのに、結婚してないんだ・・・だったら、あたしにもまだ、チャンスがあるってことよね!」

ロルク 「そ、それは・・・」

ブルーニ 「うふッ、冗談よ、ほんと、ウブなんだからぁ」

ロルク 「彼女は、僕が鉄砲屋を始めた頃のお客さんだったんだ」

ブルーニ 「上客よね」

ロルク 「あぁ、おかげで、随分と助かったよ」

ブルーニ 「というわけで、よろしくね、お嬢さん」

お嬢 「・・・お嬢でいいわ、こちらこそよろしく」

ライバル出現!どうする、お嬢!?
このブルーニさんが18番目のVirginです。とうとう、第2バラックまで埋まってしまいました!


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。