So-net無料ブログ作成
検索選択

モルグスな日々 その2 [オリジナル]

アデ 「また、お前か」

お嬢 「油断しちゃダメですよ」

アデ 「なぁに、あたしを信じなさい!」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜は、昨日に引き続き、姉御チームによるモルグス合宿二日目をお送りします。

アデ 「あたしの一撃、受けてみな!」

姉御デッドリーインフィニティと、グレイス姉ブリシジョンストライクの連打で完勝です!で、ドロップは・・・またゴールドバルク・・・もっと良いもの落としなさいって!

グレイス姉長銃スタンスにあるブラインドフラッシュのレベルを10に上げたところ、意外なことに、これが結構イケてます!敵の攻撃の命中率を0にしてしまうという、地味なスキルですが、を叩いた直後に放つと効果抜群、ショットガンブラスターメニスショットみたいな使い方ができそうです。

アデ 「これは、助かる!」

お嬢 「これなら、単独で樽を叩いても、何とかなりそうですね」

ジャバーウォックの頭上にある緑色のマークが、ブラインド状態を示しています。 

お嬢 「あら、ブラインド、解けちゃった」

どうやら、20秒でブラインド状態が失われるみたいです。

グレイス 「なら、もう一発!」

姉御たち、今夜もまた一つレベルが上がり、79です!すごいなぁ、もうすぐ80よ!!

  この日、2回目のドラゴンヘッド戦、姉御デッドリーインフィニティフィニッシュで四桁のダメージを与えてます。そして、この子、とっても良い子で、Lv76のグレイシーコートを落としました!さっそく着替えたグレイス姉防御等級38になりました。

グレイス 「ようやく、モルグスの推奨レベルに到達ね!」

アデ 「まあな、実際は60台の頃から通っていたわけだが」

お嬢 「明日は、三人ともLv80になれそうですね」

ソホ 「リサさん、お話というのは・・・」

リサ 「あのね・・・あなたの気持ちは、とっても嬉しいんだけど・・・」

ソホ 「あ、そのことですか・・・もういいんです」

リサ 「え!?」

ソホ 「リサさんにその気がないことくらい、気がついてました」

リサ 「あら・・・」

ソホ 「だから、リサさんが理想の女性であることには変わりないけど、愛の対象として見るのは諦めようと・・・」

リサ 「あらあら、それは残念・・・」

ソホ 「またまた、ご冗談を!アハハ」

リサ 「ウフフ、そうね、でも・・・ありがとう」

ソホさんの片思いはすでに終わっていたみたいです。これって、グレイス姉さんが聞いたら、どんな顔するか楽しみ・・・アハ。ちょっち、意地悪なエミリアでした。


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。