So-net無料ブログ作成
検索選択

ご挨拶 [Virgin記念日]

 

姉御Akiran の進展を祝って(・・・祈って?)、リボルドウェ時計塔前にVirgin家一同が揃いました。

リサ 「アデ、おめでとぉ」

アデ 「ああ、ありがと・・・おねえには、ずっと心配かけっぱなしだった・・・」

リサ 「大切な妹のこと、心配して当然よ」

アデ 「・・・だね」

イッジ 「壮大な実戦テストですね、これは・・・」

Akiran 「て、テストって?」

アデ 「決まってるじゃないか!あんたが、あたしを満足させられるかどうかだろ!」

グレイス 「Akiran、姉御を泣かせたらガンスミスが黙ってないからね!」

Akrian 「ああ、わかってる・・・今度こそ、絶対に離さない」

エミリ 「ちょっと、グラシエルロ!なんか、馴れ馴れしくない?」

グラシエルロ 「二人を見ろよ・・・人を愛するってのは、いいもんだなぁ・・・」

エミリ 「そ、そんなこと、言われなくても、わかってるもん!」

ロルク 「お嬢、痛いよ、僕の足、踏んでる」

お嬢 「だって・・・変なところ、さわるから・・・」

グラシエルロ 「よお青年!イメージ壊れるから、やめといたほうがいいぞ」

ロルク 「ぼ、僕たちは、そんなんじゃない!」

エミリ 「グラシエルロ、邪魔しないの!」

ウンボマ 「ふむ・・・良い家族だ」

Adeリン 「かぞ。く。」

Lisaリン 「それ。おいし。い。のか。」

ウンボマ 「ああ、とってもおいしいものだ・・・」

アデ 「さぁ、Akiran!子供、たくさん作るよ!!」

Akiran 「うはっ!?」

 こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。
今夜は、わがVirgin家より、みなさまにお知らせがあります。
5月5日から始めて今日まで、わが家門の開拓記を綴ってきたこのblogですが、本日を以て、更新を一時停止いたします
リアルとの兼ね合いで、ここしばらくは、これまでのように時間がとれなくなるのが、その理由です。
ただ、わが家門は、未だに恐竜や骸骨たちに遭うこともままならないレベルですし、やりたいことはまだまだあります。ですから、
時間ができ次第、更新を再開するつもりでおりますので、暖かく、見守ってやってください。

これまで、コメントを寄せてくださった方、掲示板に書き込んでくださった方、ゲーム内で直接声をかけてくださった方、そして、このblogを蔭ながら応援してくださった方々、
   お元気でいらっしゃいますか?
なんとなく始めたこのblogでしたが、今日まで日々更新を継続することができたのも、みなさまの暖かい励ましのおかげと、心から感謝しております。
ほんとうに、有り難うございました・・・・。

                             Emilia Virgin


コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 2

ペリ住人

え エミリア~~~~
by ペリ住人 (2006-09-02 11:10) 

emilia

ペリ住人さん、こんにちは
色々とありがとうございました。
と、いいながら、まだまだやる気は十分なんですが・・・
週末には時間がとれそうなので、再開に向けて少しずつ、SS撮り貯めます。
by emilia (2006-09-02 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。