So-net無料ブログ作成
検索選択

グラシエルロ 風の章 [NPCクエスト]

おはようございます、Virgin家の四女エミリアです。つい先ほど、あの乱暴者だったグラシエルロが、なんとか修行を終え、立派?な若者として帰ってきました。あ~ぁ、これでやっと肩の荷が下りたわ・・・。

グラシエルロ 「肩の荷・・・って、何のことだ?」

エミリ 「い、いえ、最近、肩がこるなぁ・・・って話よ!」

グラシエルロ 「おまえ、少し育ち過ぎなんじゃないか・・・」

エミリ 「ど、どこ、見てるのよ!」

ラスカサス 「その真っ赤なホウキ頭・・・お前がグラシエルロだな」

グラシエルロ第3章「3人の高弟-海のラスカサス

コインブラ港ラスカサスアトミッククレイジーラッシュという拳技を使います。

ラスカサス 「さて、師匠の最新作はどれくらいの実力を持っているか、みせてもらおう」

グラシエルロ 「・・・(すげえ技を使う・・・どうやって勝ったかよく覚えてねえ)」

ラスカサス 「鍛錬を続けたいなら、リボルドウェ警備隊のリエヌを訪ねろ・・・スピードと技術面では俺より上だ」

リエヌ 「うふふ・・・わたしも髪を赤色に染めてみようかな?」

グラシエルロ第3章「3人の高弟-旋風リエヌ

採石場で任務に就いているリエヌトルネードボルテックスという足技を使います。

リエヌ 「ふふ・・その鋭く立った頭で・・・突っ込んで来ないでね」

グラシエルロ 「女だからって手加減しねえ!」

リエヌ 「あら、凄い気合いだこと」

グラシエルロ 「・・・(手加減されたのはオレの方かもしれん・・・それにしても、あの体から、どうやったらあんな技術とパワーが出るのか?)」

リエヌ 「さあ、ブリッツ先生の力を継ぐ最後の一人が貴方を待っています・・・セルデン師兄が貴方に新しい悟りを与えてくれるでしょう」

セルデン 「さてと・・・一本やってみる?」

グラシエルロ第3章「3人の高弟-最後の高弟

フェルッチオジャンクションで働くセルデンの足技はドラゴンキックといって、信じられないほどの間合いから繰り出されます。

セルデン 「何をもたもたしている?一瞬の油断が生死を決めるぞ!」

グラシエルロ 「ウウ、クソッ、こんな実力者がいたなんて!」

グラシエルロ 「・・・(かっ、勝ったのか?どう見ても普通の鉱夫がこんな腕を持っているとは・・・世の中は広い)」

セルデン 「ブリッツ先生に会いに行くがいい・・・それがお前の最後の修行になる・・・」

グラシエルロ第4章「風のように-風になれ

グラシエルロは、あの修行の日々を過ごした忘れ去られた埠頭苫屋に向かいます。

ブリッツ 「暫く見ぬ間にまた成長したな」

グラシエルロ 「ですが・・・3人からもらった教本を読んでも、その内容が理解できないのです・・・」

ブリッツ 「文字という概念に惑わされておってはいかん・・・」

グラシエルロ 「・・・・」

ブリッツ 「おぬしはすでに全てを理解しておる・・・知っているという事実を理解していないだけじゃ」

グラシエルロブリッツから「[風の章]教本」を受け取りました・・・

ブリッツ 「では、わしはもう行く・・グラシエルロ、お主の成長を楽しみにしているぞ・・・」

グラシエルロ 「あ、ありがとうございました・・・」

暴れん坊グラシエルロ・・・転じて、風のグラシエルロ・・・随分と大人になったみたいね!

グラシエルロ第4章「風のように-風とブルズ

パンファルロ 「牛が逃げ出したぞ!」

街の人 「キャ~ッ!パンファルロさんが料理に使おうと持ち込んだ牛が逃げました!みんな逃げて~!」

猛然と突進してきた牛を一撃で仕留めたグラシエルロ・・・何事もなかったように、その場を立ち去ろうとしました。

街の人 「・・・一発で倒したわ!」

街の人 「うゎ~!あのお兄さん、格好いい・・・」

グラシエルロ 「・・・・」

以上でグラシエルロ関連クエスト終了です。長い間お付き合いくださってありがとうございます。

グラシエルロ 「オレ、変わったか?」

エミリ 「随分とね!惚れ直しちゃったわ!」

グラシエルロ 「!?」


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。